本文へ移動
秋田県農業会議と市町村農業委員会は、「地域の未来を描く! あきた農地利用最適化推進1・2・3運動」を推進しています
秋田県農業会議は、農業委員会等に関する法律(1951年3月31日法律第88号)に位置付けられた認可法人として、1954(昭和29)年8月15日に設立されました。
その後、60余年を経て、改正農業委員会等に関する法律(2015年9月4日法律第63号)に基づき、2016(平成28)年4月1日付けで「一般社団法人秋田県農業会議」に組織変更を行い、秋田県知事より秋田県農業委員会ネットワーク機構の指定を受けました。
会員相互の連絡調整、農業一般に関する意見の公表、情報の提供などを行うことによって、農業生産力の増進や農業経営の合理化を図り、農業の健全なる発展に寄与するとともに、市町村農業委員会の事務の効率的・効果的な実施を支援しています。
TOPへ戻る